レビトラを使用するとき副作用が起きることがあります。
その内容は服用することで血管拡張され頭痛やほてりに血圧を下げる効果と胸がドキドキすることや痛みがありはては意識不明といった症状が出ることがあります。
この症状のうち火照りの場合は発症の確率は25パーセントで頭痛は10パーセント未満というデータがあります。
その効果で腸内に影響が出る場合もあり下痢になったり胃が活性化して胃酸が出まくって胸やけを起こしたり吐き気を感じる場合もあります。
ただしこれらはレビトラを飲んでしばらくの間の症状なので数時間後には治っています。

最重要項目として心臓に疾患がある人は使用すると命に関わるので使ってはいけません。
具体的にはレビトラは心臓病でよく使用されるニトログリセリンの効果を倍増させるからです。
それによって血圧が著しく下げる効果が出て非常に危険なので絶対併用してはいけません。
もし使うならば24時間以上の間隔を開けて使うことを守ることが重要です。

視覚的にも障害が出ることがあり眼が痛くなったり視覚異常や結膜炎になったり光が赤く見えたり眩しく見えることや物が青く見えたり
光が当たってないのに光を感じたり白目が充血する副作用を発症することもあります。
また勃起の持続でひどい場合は痛みを伴うケースもあります。
これらのレビトラを使用することの副作用の症状のうち顔の火照りや目の充血はED治療薬として効果が出ているサインでもあるので重症化することは少ないとされます。
頭痛や動機や視覚変化も一時的なので心配の度合いは低いとされています。

またレビトラは一錠が10ミリグラムと20ミリグラムとあり日本人が使用する場合は20ミリグラムだと効き目がありすぎる傾向なので半分の10ミリグラムから使用する方で十分効果が出て安全性も高まります。
10ミリグラムでも多すぎるので半分にしてもいいくらいとされます。
また使用するときは空腹である方が効果的とされます。
脂肪が多いものを食べて服用は胸やけの原因にもなりますが時間をおいて使用することが効果的です。

レビトラと併用してもよい薬とは

レビトラと併用して良い薬としてH2ブロッカー薬のような胃薬が挙げられます。
副作用で胃酸過多や胸やけはありがちなので対処法としてH2ブロッカー薬であれば問題はないとされています。
ガスターあたりであれば服用して三十分で効果が出るとされています。
「プロトンポンプ阻害剤のタケプロン」も胸やけなどの対策によくH2ブロッカー薬よりも効き目があるとしています。

胃薬系は併用によるトラブルは起きにくいジャンルなのでジェネリック系列であっても効果的であるとされています。
ただしどの胃薬も全くトラブルがない訳ではなく『ファモチジンD錠20mg「サワイ」』の場合はアレルギー問題があったりする人は使用は止めることが重要です。
また頭痛もよくある作用なので痛み止めも併用して良いとしています。
対処法として鎮痛剤の「ロキソニン錠」は痛み止めとして服用が可能とされます。

痛み止めとして有名なバファリンも頭痛を軽減作用に効果があります。
ただレピトラの副作用による頭痛であればのケースで他に頭が痛くなる要因が何かしらある場合は使用する以前の問題です。
あらかじめ診断してもらって治療して治ってからレビトラの服用を挑むことにしないとトラブルだらけで効果を感じる以前の問題になりえます。

それから一般的な風邪薬であれば一緒に服用しても大丈夫な薬です。
また微妙なところで血を固まりにくくする薬であるエリキュース錠も特に相互作用が報告されてないので飲み合わせが起こらない点でまあまあ大丈夫とされています。
ただし使用にあたってタイミングによってはエリキュース錠の副作用としてあざや内出血などが出やすかったりするなどがあるのでこの状態が続くようであれば問題になり得るという考慮の上使用することとなります。