先に挙げたように、レビトラは即効性があり効き目の持続時間も長いなどメリットがいくつもあります。
ただ、どんなに効き目が良くても副作用が強ければ服用を続けることが出来ませんし、何より不安が募ります。
もしも、レビトラの副作用がネックになるというのであればレビトラのジェネリックであるバリフを服用してみるのがおすすめです。
レビトラは一から開発の費用をかけて作られている医薬品です。
本来、先発薬は開発費用が掛かっている分価格が高くなる傾向にあります。
レビトラの場合もそれは同様で、開発費用が掛かっている分、ジェネリックに比べて価格が上乗せになっているわけです。

それに対してジェネリック医薬品であるバリフはどうなのでしょうか。
少なくとも、レビトラに比べて開発費用が掛かっていない分、バリフの価格はかなり抑えられています。
ジェネリック医薬品と聞いて抵抗を感じる人も中にはいるかもしれませんが、実際のところ、先発薬とジェネリックの成分内容は全く同じです。
では何が違うのかと言われれば、開発費がかかっているかいないかという点、さらには薬を作っているメーカーが違ってきます。

薬の成分が同じなのであれば、副作用も全く同じなのではないかと思われるかもしれませんが、実は一概にそうとは言い切れない部分もあります。
というのも、先発薬とジェネリック医薬品の違いは先に挙げたものだけではありません。

薬を作る時のレシピもそれぞれのメーカーによって違うため、効き目や副作用にも若干の違いがでることがあります。
レビトラとバリフの場合もそれは同様です。
効き目は名目上同じだといわれていますが、メーカー、さらには薬を作る時のレシピが違うので副作用が若干弱くなっていることもあるわけです。

レビトラジェネリックのバリフ

レビトラでの副作用が心配だというのであればまず、そのジェネリック医薬品であるバリフを試してみるのもおすすめです。
お試しというのであればかかる費用はできるだけ抑えていきたいものです。
せっかくレビトラを購入したとしても、体質に合わないとなれば残りの錠剤は無駄になってしまいます。
バリフを購入した場合でもそれは同様ですが、やはりかかっている金額が安い分負担は軽減していくことが出来ます。
バリフはインドの会社が作って販売しています。
実際、個人輸入という形で購入している人が多く、その効き目は信用されています。
ただ、バリフを購入する際には注意が必要になってくることもあります。
というのも、こうした個人輸入で購入するタイプの医薬品は、時に悪質な業者によって偽物が混ぜられていることがあります。
すべてのケースがそうというわけではありませんが、通販サイトを使ってレビトラやバリフを購入する際には注意しておく必要があります。
明らかに価格が安くてコストパフォーマンスが良すぎるもの、通販サイトの説明が明らかにおかしいものには注意が必要です。
また、通販サイト上の会社概要、このページにも目を通していきましょう。
住所や電話番号が明らかにおかしなところは取引をする上で不安な点が多くなります。
もしも不安が強いという場合であれば一度メールや電話等で問い合わせをしてみてその信頼度をチェックしていきましょう。

レビトラやバリフを通販で購入する人は決してすくなくありません。
実際に利用している人が多いサイト、口コミの評価が高いサイト、売上が多いサイトを積極的に選択していくことによっておのずと偽物を購入するリスクを減らしていくことができます。
レビトラ同様に、バリフは効き目が強く、EDの症状を解消するためには打ってつけの薬です。
とはいえ、それが偽物というのであれば問題ですし、何よりEDの症状を何も改善することはできません。
いち早く悩みの種であるEDの症状を抑えるために、性行為をより良いものに、パートナーに不満を残さないために、ここで挙げたポイントをしっかり押さえておきましょう。