狭心症疾患の方がバイアグラを使用できるかどうかはその人の病状や狭心症の治療に用いている薬の種類にもよります。
まず、バイアグラは心血管系障害を持っていて性行為が不適当な方には使用してはいけないこととされています。
結局性行為によって心臓の働きが過剰になると、狭心症の方はこれに見合う心筋への血液の供給ができなくなってしまい、虚血発作が起こってしまう恐れがあります。
個々の病状によってバイアグラを使用できるかできないかは異なってきます。

また、狭心症疾患治療薬のニトログリセリンはバイアグラの併用禁忌薬の1つとなっているため、狭心症の治療にニトログリセリンを使用している場合にはバイアグラを使用できません。
ニトログリセリンは硝酸薬の1つで体内でNOを遊離することでcGMPの産生を促し、血管拡張を引き起こします。
一方、バイアグラの有効成分のシルデナフィルクエン酸塩はこのcGMPの分解酵素であるホスホジエステラーゼVの働きを阻害する薬です。
つまりバイアグラもまたcGMPを増やす薬なのです。

同じようにcGMPを増やすバイアグラとニトログリセリンとを併用すると過度に血管が拡張し著しい血圧低下の副作用が起こる場合があります。
この血圧低下によって血液循環がうまくいかなくなり、様々な臓器の機能が損なわれ、最悪の場合死に至る危険性もあります。
こういった理由で併用禁忌薬とされているのです。
ちなみにニトログリセリン以外に一硝酸イソソルビドという硝酸薬もありこれもまた狭心症の治療に用いられますが、これもバイアグラと併用できない薬です。

さらに併用禁忌ではないものの、アムロジピン、ニフェジピンなどの狭心症に用いられるカルシウム拮抗薬もバイアグラとの併用に注意が必要な薬とされています。
これはバイアグラとカルシウム拮抗薬がともに血管拡張作用を持つために血圧が過度に低下する恐れがあるためです。
また、バイアグラとカルシウム拮抗薬は共に同じ代謝酵素で代謝される薬なので両者を併用すると相互に効果が増強し副作用が出やすくなる恐れがあります。
こういった理由で併用に注意が必要なのです。

バイアグラの外部サイト情報

バイアグラの効果や服用方法など詳しい情報は下記サイトをクリックして下さい
バイアグラについて

狭心症疾者がED治療薬を使用する際は必ず医師に相談

ここまで紹介してきた通り狭心症の方がED治療薬を使用する場合には様々な注意点があります。
全く用途が違うにも関わらず飲み合わせが悪く、狭心症の治療に影響を及ぼすこともあるわけです。
こういった複雑な飲み合わせに関しては素人には理解できません。
よって狭心症の方がED治療薬を使用する場合には必ず主治医に相談するようにしましょう。

狭心症の病状次第ではED治療薬を飲むことができる可能性もあります。
ただ素人が現在の心臓の病状を理解できるわけではありません。
ですから自分の狭心症の病状がED治療薬を使用できる状態であるかどうかも併せて主治医に相談するようにしましょう。

ちなみに狭心症の方は普段から心臓に負担がかかった状態になっています。
これは血管内腔が狭くなって血液供給がうまくいかなくなっているため、心臓に負担をかけて血液供給を滞らないようにしているためです。
こういった方がED治療薬を使用して血管が拡張し低血圧になってしまうと、余計に血液供給がうまくいかなくなってしまう恐れがあります。
この時に心臓が疲弊してこれ以上がんばれないという状態になってしまっていると、循環不全となって死に至ってしまうこともあります。
さらに狭心症の方は不整脈も合併しやすいですが、不整脈の治療薬もまたバイアグラと一緒に服用できないものもあります。

このように狭心症の方がED治療薬を使用する場合には多方面にわたって注意が必要となるのです。
これを考えるとED治療薬の使用は主治医に相談しながら行った方がいいでしょう。
主治医に相談した上でED治療薬を使用するのであれば、いざ体の異変が起こった場合にもすぐに相談しやすいはずです。
ぜひED治療薬の使用を希望する狭心症の方は主治医に相談してみて下さい。