シアリスはEDの治療薬です。
いくつかEDの治療薬がありますが、シアリスはその中でも最も新しい治療薬で、発売以来世界で使われており、利用者は多いです。
シアリスは服用から効果を最大限発揮するまで3時間程度と効果がでるまで遅い薬で、最大36時間の持続性のある薬です。
海外ではウィークエンドピルとも言われ特徴的な持続力で知られています。
シアリスの有効成分は酵素の働きを阻害する効果があり、持続時間の長さも特徴的な成分です。
シアリスの有効成分はブロック上の分子構造で、体内に吸収されるまでの時間が長くなっているため持続時間が最大36時間程度と長くなります。
また、シアリスは食事の影響を受けにくく、800kcal未満の食事であれば影響はあらわれないとされています。

効果を実感するためには適当に飲むのではなく適切な飲み方を守ることが大切で、5mg、10mg、20mgの3種類あり、どれを処方するかは患者の状態から医師が判断して決めます。
それぞれ有効成分が異なるため用量によって効き目が変わり、5mgが一番弱く、20mgは最も強い効果が期待できます。
5mgは効き目が一番弱いため効果の有無が気になりますが、医師が状態を把握して処方した量であれば自己判断などで用量や用法を変えることは避けます。
医師に処方された用法用量を変えると副作用を生じる可能性もあるので、効き目に不安がある場合には医師に相談し自己判断で用量や用法を変えることはやめます。

シアリスを服用するタイミングは最大36時間効果は持続するの早めに飲んでも大丈夫です。
行為をする3時間前に飲むのが良いタイミングです。
遅効性の薬なので身体に吸収されるまでかかる時間が遅いため、約3時間程度の時間があれば血中濃度のピークを迎えることができます。

シアリスは副作用が出にくいEDの治療薬ですが、全く副作用がないということではありません。
ほてり、消化不良などが確認されているため、飲み方は用法用量を守って飲むことが大切です。
また肝臓疾患がある場合は服用すると副作用がでやすい場合があるため注意が必要です。

肝臓は解毒作用を行うため薬などの服用で負担がかかる

他のEDの治療薬と比べると副作用は出にくいシアリスですが、肝臓に負担をかける可能性はあります。
肝臓への負担はシアリスに限ったことではなく薬全般に共通していることです。
これは肝臓が持っている解毒作用が関係しています。
肝臓が持っている解毒作用は異物が体内に侵入した際に肝臓が解毒の分解を行なうため、薬は肝臓へ負担をかける要因になります。
薬だけではなくアルコールも同様で、アルコールは肝臓の解毒作用が必要で、アルコールを飲み過ぎてしまうと肝臓が分解作業に追われることになり疲れてしまいます。
そのためアルコールを飲む場合は休肝日を作り、肝臓への負担を減らすことが大切といわれます。

シアリスは肝臓疾患がある場合には処方されない場合があります。
肝臓疾患があっても処方される場合もありますが、この場合は精密検査を行いその結果によって処方されるかの判断がされます。
処方されない肝臓疾患は肝硬変、自己免疫性肝炎などです。
脂肪肝やアルコール性肝障害などは精密検査によっては処方される可能性はあります。

シアリスは比較的副作用は出にくい薬で安全性は高い薬ですが、肝臓への負担はあるため、処方された用量や用法を守り連日の服用などは避けるように心がけます。
また肝臓は解毒のための分解作業で薬だけではなくアルコールなども肝臓への負担になるため、日頃からお酒を飲んでいる場合は肝臓への負担が予想されるため、適度に飲むことで肝臓をいたわることも必要です。

シアリスの服用は健康であれば大丈夫ですが、肝機能が低下している肝臓疾患がある場合には処方されない場合があります。
肝脂肪の場合などは精密検査の結果で処方される場合もあるので医師に相談することが大切です。